アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
防水用のゴムパッキン

モルタルの上に塗装された外壁の場合は、長年すんでいると亀裂が生じてしまい、そこから雨が進入してきて雨漏りの原因となってしまうのです。
瓦屋根も同様で瓦が割れていれば原因がすぐにわかるので補修工事には時間も手間もさほどかかりませんが、漆喰の亀裂になってしまうと見つけるのに厄介になってしまいます。

予算に余裕があれば屋根の場合は張替え工事を行い、外壁であれば外壁塗装やサイディングを取り付けるのも良いかと思います。
予算が厳しいという方でもホームセンターにコーキングが売られているので原因となる箇所にコーキングを塗ることにより防水性があるので雨漏りは収まるでしょう。
高所作業になるので危険と感じる場合は業者の方と相談をしたほうが良いでしょう。

ブルーシートと屋根

梅雨の季節は、雨が多く建物にも色々と影響を及ぼす季節になってきます。
湿度は高く気温も上がっているため木造建築には特に影響がある時期になってきます。
雨漏りをしている建物はひどく影響してくるので補修工事や、リフォームを検討したほうが良いでしょう。
雨漏りは同じ経路から家の中に雨が入ってきてしまうので、建物の骨組みとなる箇所にも影響してきます。

同じ経路をたどって入ってくる雨は、木材であれば腐る原因となり、鉄骨であっても錆びてしまう原因となるからです。
雨漏りにきずいたら原因となる箇所を探しましょう。
屋根からの雨漏りが多いですが、わかりやすい原因の場合は工事や補修は簡単です。
そうでない場合は工事業者に見てもらうのが良いでしょう。
屋根だけでなく壁から伝わってきてします場合もあります。

防水工事中の屋根

築30年以上の我が家に最近ショックな出来事がおこりました。
なにか柱が濡れているなあと思ったらその濡れは天井まで続いていました。
そうです、間違いなく雨漏りです。
押入れの上から天井裏をみれるようになっているので押入れを開けたらなんと天井の板が濡れてブカブカしていました。
さっそく広告に入っていたわりと大きな地域では有名な工務店さんに電話して屋根をみてもらいましたが、その人ではどこから雨漏りしているかわからない様子。
雨漏りなんてリフォームとかと違うんだから最初からわかる人を連れて来てよと内心思いましたが、仕方ないので後日大工さんに見てもらう手配をしました。
1週間程後大工さんが来て屋根に上がって調べたらすぐに原因がわかりました。

昔増築した際、屋根が合流する場所に銅板で雨が流れるようになっている箇所ができましたが、そこに2つほど穴があいていました。
大工さんによると割と築30年以上の家にはよくある雨漏りの原因で、工事経験もたくさんあるとのこと。
昔は銅板に穴があくなんて考えてもいなかったのが、最近の酸性雨でしずくが当たる場所にあいてしまうらしいです。
次の日の天気予報が雨だったので取りあえずテープで穴をふさいでもらいました。
工事の見積もりは屋根はほとんどさわらず穴のあいた銅板を切って新たな鉄板を溶接するので8万円でした。
屋根の張り替え工事をしたら数十万円以上すると思い、ビクビクしていたので安心しました。
実際の工事は2時間ほどですぐ終わり、雨漏りしなくなり安心して暮らしています。